Adobe Muse マニュアル  Google Mapsの配置:HTMLの埋め込み

Copyright © 2013  MT All rights reserved.   サイトマップ 連絡先

 

Adobe Muse マニュアルGoogle Mapsの配置:HTMLの埋め込み

概要

 HTMLの埋め込み機能を利用して、マップやTwitter、YouTube動画などをページに配置します。

 コードをページに直接コピー・ペーストするだけで簡単に埋め込むことができます。

参考
 
書籍

  Adobe Muse Classroom in a Book(ペーパーバック):P206

 サイト

  ADOBE TV:Learn Muse-HTML の埋め込み:マップ(日本語:7分15秒)

  Adobe Muse機能ツアー-HTMLコードを埋め込み、Googleマップなどを追加(日本語字幕:9分20秒)

  埋め込みHTML

  Adobe Muse体験記(10):GoogleマップやTwitterボタンが約5分で設置可能!各種ウィジェットを手軽に導入する:2014.01.23

1.プランビューを選択する

2.”London”をダブルクリックして開く

3.マップのサイズを決定する

 マップを配置するページ(鈴鹿50周年)を開き、長方形ツールでマップの大まかなサイズを長方形ツールで描く。(カーソルをドラッグする。)

 ツールの変形でサイズが、W244/H185と表示されている。

 サイズをW300/H200に変更すると、長方形のサイズが変更される。

 サイズ(W300/H200)をメモし、長方形を消去する。

4.配置するサイト(GoogleMap)を開く

 配置するサイト(GoogleMap)を開く。

 リンクボタンをクリックする。

5.オプションボックスが開く

 埋め込み地図のカスタマイズとプレビューをクリックする。

6.地図のサイズが表示される

7.カスタムを選択して、地図のサイズを変更する。

8.htmlをコピーする(サイズが変更されている。)

7.マウスを右クリックしてペーストすると、地図が配置される。プレビューで確認しましょう

8.位置を調整して完成(実際に操作出来るか確認しましょう。)

9.サイズ変更する事も可能(今回は上記のサイズを採用)

 地図をクリックして、右クリックする。
 HTMLを編集を選択する。

 サイズをH300/H200からH350/H250に変更する

10.OKをクリックすると、サイズが変更される

99.備考

 下記の方法でも地図の表示は可能。

 

7.メニューから、オブジェクト-HTMLを選択

8.HTMLを編集する

更新:2014.01.23